STAYHOME GOHAN

HIGHLIGHTS : 

1/5

【そら豆と桜海老の炊き込みごはん】

​そら豆は一緒に炊くと色が変わってくすんでしまうので、別で茹でないといけないらしい。茹でて味が抜けてしまうのも残念だなというので、塩を振って電子レンジにかけたら良い感じに仕上がった。

1/6

【豚肉の生姜焼き】

豚肉を生姜に漬けてから焼く流派と、焼いてからソースと絡める流派があって、私は焼いてからソースと絡める方に属しているのです。新玉ねぎが最初ちょっと多いかなと思ったものの、いやいや炒めてたら減る、という言うしで多めにしたらやっぱり多かった。しっかり甘く、しっかり辛い、やや味濃い目の生姜焼き。

1/6

【新玉タルタル甘酢チキン】

ツイッターで流行っていた山本ゆりさんの「新玉タルタル甘酢チキン」を作ってみたのだった。ゆで卵はやや半熟を残した固茹でに、タルタルはマヨネーズ少し多め、味が物足りないからお塩と味の素をちょびっと加えたら味のまとまりと引き換えにやや俗っぽい味に落ち着いてしまったけど、甘酢と合わせてけっこうごはんが進む味で美味しかった。

STAYHOME GOHAN : 

I've been commuting to work in the mornings and evenings, taking the subway to the somewhat central part of Tokyo. I had seen the news reports of the number of infected people increasing day by day, and that countries were still crying foul in spite of the lockdown.
 
It's the end of March and the beginning of April in 2020, and I'm starting to feel afraid of riding a packed train. At that time, I was ordered to stand by at home to ensure safety with COVID-19. Apparently, ready for telecommuting wasn't ready in time.
 
From morning to night I worked in a company, producing documents, datas as artifacts, but one day, suddenly "staying home and sitting still from morning to night" became a social mission for me.
Though that there are many people around us who are exposed to the risk of infection for a variety of reasons, financial or professional, but still have to leave their homes and work every day.
 
I feel a little helpless, especially when the world doesn't change even when I wait at home.Rather, it hurts me a little when people tell me that it's better for society to stay out of the house.Having said that, I'm honestly afraid to go to work in Tokyo right now.I really feel sorry for the people who are working now, but I think such feelings are probably unnecessary from the point of view of the people involved.

Amidst such muddled feelings, I woke up in the morning, ate my rice, went to my desk to study for a bit, took a break, and in the midst of that, I decided to take pictures of the rice I was making.

Honestly speaking, I don't know what the point of doing this is clearly. At first, I was going to write about it in the hope that everyone would enjoy their home life a little more by looking at these photos, but I stopped because I thought it was a result of my photography and not my purpose.

It is not intended to be useful in the first place; it is simply for myself and to make sure I am as neat as possible in my own home.
Or I could say that by taking pictures, I'm at least trying to keep in touch with the world around me, with society, with the world.

my works would be like cleaning the front door in the morning, putting my hands together with the neighbor's Jizo, and putting flowers on it if it's handy.

That's what I'm thinking, cooking, holding the camera in my powdery hands, pressing the shutter, and eating the rice I've created, every day in my stayhome.

I have to eat rice every day, and I have to go through this monotony every day again. So I'm going to make rice and take pictures when I can and make them as photographs.

2020年の2月を過ぎ、東京のやや都心まで都営地下鉄に乗って毎日一時間ほど電車に揺られ朝晩通勤して勤務してきた僕も、日々そろりそろりと増え続ける感染者数の報告や、ロックダウンを行ってもなお阿鼻叫喚だという各国の様子が、ニュースとして流れていたのを目にはしていた。

3月末になり4月に入って、そろそろもう満員電車に乗るのが怖いなと感じ始めたちょうどその頃、COVID-19対応で安全確保のため、ということで自宅待機の指令が出た。テレワークは準備が間に合わなかったらしい。

朝から晩まで会社で働いて書類やデータや物体を成果物として作り続けていた自分が、ある1日を境に、突然「朝から晩まで家に居てじっとしていること」を社会的なミッションとされてしまった。経済的に、また職務・社会使命に、など様々な理由で、感染リスクに晒されながらそれでも日々家を出て働かざるを得ない人々もが、知り合いやタイムライン上、買い物で外出した際に周りを見回しても沢山いる中で、幸運にも、というべきなのだろう。

自宅待機でも特に世界が変わらないというのはちょっと無力感があるな、とか、むしろ家から出ないほうが社会の役に立つんだと言われると少しく傷つく面もあるよね、とか、そうは言っても正直いま東京で出勤するの怖いよね、とか、いま働いている人に申し訳ないと本当に思うけど、そういう気持ちは多分当事者からすると余計だよねとか、もやもやとした気持ちのなかで、朝起きて、ご飯を食べて、ちょっと机に向かって、休憩もして、そのなかで、何となくごはんを作るところ、できたごはんを撮って写真に制作していくことにした。

 

こんなことをやっていて何の役に立つのかは分かっていない。最初は、これを見てお家の生活を少しでも楽しんでもらえたら、みたいなことを書こうかなと思ったのだけれども、そのきもちは「そういうのもあったら良いな」の結果であって、それが自分が写真を撮る目的ではないなと考えて止めた。

そもそも何かの役に立つことを目的としてはおらず、これは単に自分自身のため、自分が自宅でなるべくきちんと過ごしていくため、もしくは写真を撮って出すことでせめて自分と自分の周り、大げさに言えば世界とのつながりを何かしら持っておきたいというだけのため、と言ってしまえる類のものだろう。

 

朝に玄関先を掃除して、近所のお地蔵様に手を合わせ、手元にあればお花を飾る。そのあたりの行為と似ているようなものなのではないか。そう思いながら、調理をして、粉だらけの手でカメラを持ち、シャッターを押し、できあがったごはんを食べる。ごはんは毎日食べなければいけないし、この単調な日々もまた毎日過ごしていかなければいけない。だから僕はご飯を作って、撮れる時には撮って、写真として制作していこうと思う。

 

© 2017 co1 / zeissizm, Koichi Ito all rights reserved.